二次会が盛り上がる景品を考えてみよう

オススメ!若手なカップルの結婚式の二次会の景品

オススメ!若手なカップルの結婚式の二次会の景品 少し堅苦しくなる結婚式の後は、仲間だけでわいわいと二次会で盛り上がりたいですよね。
でも若手のカップルにはお金がないし…と悩んでいる方いませんか。
安心して下さい。
やり方次第で豪華な景品を用意しなくても十分に楽しんでもらえますし、自分たちも思う存分楽しめますよ。
豪華な景品といえば、ディズニーのペアチケットだったり、ダイソンの掃除機だったり、とても豪華ですよね。
その日に持って帰らず、自宅に届けてくれる優しい二次会もあります。
でもお金をそこまでかけたくない若手のカップルには、ズバリ日用品が好まれます。
自分が使っているものではなくても、消耗品であれば1回くらいは使ってもらえますし、コストもそんなにかからないのでおすすめです。
後は自分ではなかなか買わないパーティグッズなども喜ばれます。
最近ではハロウィンパーティや誕生日パーティなど様々なホームパーティが開催されていますよね。
毎回同じじゃつまらないけど、何度も使う訳じゃないパーティグッズを自分で買うのは気がひけるので、こういった景品としてもらえると、とても喜ばれます。
景品は安価な分、ゲームでその場を盛り上げる事は必須ですが、お金がないからと二次会を諦めず、思う存分楽しんで下さいね。

結婚式の二次会の景品の選び方

結婚式の二次会の景品の選び方 結婚式では、披露宴が終わったあとに、親しい友人や知人を集めて二次会を開くことがあります。
そして、二次会を盛り上げるために、ゲーム大会が行なわれます。
ゲーム大会では、ビンゴやクイズ大会が行われ、そのほとんどでは景品が用意されます。
しかし、どのような景品を選んでよいのかがわからないという人がいます。
そのような時に、おすすめの景品の選び方があります。
まず1つ目に、性別を問わないものを選ぶことです。
新郎新婦の友人や知人が訪れるため、男女が限定されるようなことはまずありえません。
そのため、男女のどちらの人が当たっても良いようなものを選ぶのです。
2つ目に、参加をする人の年齢に合わせたものを選ぶことです。
割と若い年齢であれば、若い人が好むようなものを選ぶと良いでしょう。
反対に、年齢を重ねた人であれば、それ相応のものを用意すべきです。
もしくは、どの年齢の人がもらっても嬉しいものを選ぶのも1つの手です。
これら2つの選び方をふまえて、おすすめのものとしては、商品券や図書券、テーマパークのチケットなどです。
性別を問わないことや、どの年齢層であっても使い道があるからです。
最悪、必要ない場合には転売をしたり、人に譲ることもできるため、おすすめです。

二次会の景品は持ち帰りがしやすいアイテムがおすすめ

結婚式や忘年会などの二次会では、楽しい飲食やおしゃべりの一時と共に大きな盛り上がりを見せるのが、ビンゴゲームやくじ引きなどで当選する景品の授与です。しかし、その喜びを確かなものにするためには、相手にとって負担にならないように手軽に持ち帰りができる物がおすすめです。あまりにも重くて大きなアイテムだった場合、公共交通機関で帰宅するつもりだったのが自分自身で運ぶのが難しくてタクシーを利用し、金銭的にも体力的にも負担が生じたとなればせっかくの二次会も夢から覚めてしまいます。そこで、例えば腕時計やスマートフォンなど小型軽量で手軽に持ち帰りができる一流のアイテムならば、喜びも倍増します。どうしても大型家電などを景品にしたい場合は、まずは目録を授与して後日配達するという方法もあります。受け取った相手の立場を思いやりを持って考慮し、決して押し付けにならないようにお互いに気持ち良く二次会をエンジョイしたいものです。

二次会で大活躍の景品が写っている写真パネル

結婚式や同窓会、各種パーティーの二次会で、多く行われるのがビンゴ大会です。会費を支払って参加者を募る会ですと、こういったビンゴをおこなって当たった人に景品を渡すというのが、盛り上がります。幹事さんになると景品選びも大変ですが、目玉商品を決めてあとは流行しているものや、ブランド牛やお米なども喜ばれます。ただし現品ですと持ち帰るのも大変ですし生の物はあまり良くありません。そこでお勧めなのが、後日当選した方が申し込んで自宅に届けてもらうという方法です。そうすれば会場にその商品を持ち込む必要はありませんしカタログギフトのような形で使うことが出来いて便利です。しかしその場に何もないと、盛り上がりに欠けてしまいます。そんな時に重宝するのが、商品を写真にしたパネルです。写真でわかりやすくなっていて売られているものもありますし、パネルであれば大きく目立ちますので二次会も盛り上がるアイテムとしても使うことができるでしょう。

二次会のビンゴの景品は通販で買い揃えるのがおすすめです

忘年会などの二次会でビンゴをする会社も多いでしょう。効率的に景品を買い揃えるならば、インターネット通販を利用するのが賢明です。 数人で二次会の景品を買いに出かけても、意外と何を買っていいかわからなくなりがちです。人が喜びそうなものは目に入るものの、予算との兼ね合いを考えるとなかなか即決できないことも珍しくありません。しかも二次会の参加者の好みなどを考慮すると、店先での検討に限界を感じるはずです。 そこでおすすめなのはパソコンやスマートフォンを使って、じっくりと買い物リストを作っていくことです。参加者のリストを作り、年齢や家族構成、趣味をメモしながら喜びそうなものを列挙していくのです。それから通販サイトで良さそうなものをどんどんカートに入れていきます。おそらく予算をオーバーしてしまいますから、バランスを気にしながらアイテムを削って注文します。 参加者の中にいる絶対に機嫌を損ねてはいけない人の喜ぶものはしっかり残しておきましょう。その配慮が会の成否を決めるといっても過言ではありません。

二次会の景品で人気が高いといえば外せないのはゲーム機

二次会は一次会以上に盛り上がることが多く、ビンゴなどのゲームをすることで更に場の雰囲気が温まるといえるのではないでしょうか。ビンゴにしても他のゲームにしても、景品を用意して二次会のゲームを実施するのであれば、当然ながら相応に魅力的な景品を用意することが重要です。商品券やお食事券、旅行券などは定番で喜ばれますし、グルメギフトのように選べるものも検討の余地があります。二次会に参加する年齢層にもよりますが、ゲーム機のように遊び心をくすぐるものも人気が高くて喜ばれます。流石に現行の据え置き機となると、価格が高く入手性が問題になることもありますが、流通量の多い携帯ゲーム機なら手が届きやすく入手もしやすいです。あえて旧世代の製品をラインナップに加えれば、懐かしさで盛り上がったりコレクター的に喜ばれるはずです。レアな商品を探し出して提供する手もありますから、アイデア次第でいかようにも盛り上げられますし、予算とも相談して決められるのではないでしょうか。

二次会で行うゲームの景品の相場はどれくらい?

二次会で行うゲームの景品の相場はパターンによって多少変わってきます。パターンとは、新郎新婦が費用を出す場合と会費に含んで参加者から集める場合の2パターンです。このうち、会費に含む場合については、ゲスト一人当たり1,000円〜1,500円の上乗せが妥当でしょう。とは言え、百円単位の会費を集めるとお釣りを用意する必要が出てきたり、小銭が出てしまったりと管理が大変になりますので、できれば千円単位の金額に設定する方が良いです。相場ですが、二次会でよく行われるビンゴなどの1等賞では20,000円前後、2等賞では15,000円前後、3等賞なら10,000円前後の景品を用意するのが無難です。あまり節約しすぎると参加者に良い印象を持たれませんし、せっかく上位になったのに、自分で気軽に買える程度の金額のものではゲストの気持ちも下がってしまいます。二次会ではメリハリを付けて、上位には豪華なものを用意する方が盛り上がります。

二次会にぴったりな商品の販売をしているサイト

結婚式や忘年会の二次会で幹事をする方は景品を探すのに苦労するかと思います。
そこで、二次会の景品にぴったりな商品を販売してくれる2次会の虎がお勧めです。
予算に合わせた景品のセットや、人気商品もランキング形式で紹介されていて選びやすいのが魅力です。